ガレージ暮らしのトライタム

プログラムやツールの解説や技術を公開する場所

apricotで役立ちそうな機能's

マニュアルだったり、リードミーだったり、色々役立ちそうな機能があったので個人的にまとめる。

iOSの方へモデルを移行するには

1、Apricotのキャラクターの仕様に沿ったXMLファイルとリソース(画像など)を用意します。
2、XMLファイルのimageタグやsoundタグのパスは、ファイル名だけにします。 (Images\Foo.png→Foo.png)
3、iTunesのファイル共有を使用して、XMLファイルとリソース(フォルダの中のファイルだけ)を追加します。
4、同期します。
5、Apricotを起動し、設定画面から目的のキャラクターに切り替えます。

GithubWikiから。

言葉を検索するには

1、青文字の単語をCtrl押しながら左クリック、吹き出しを閉じる
2、検索される

言葉を覚えさせるには

1、クリップボードに言葉をコピー
2、以下のように吹き出しが出るので、左クリックで詳細を開き、赤枠内をCtrl+左クリックしたら、吹き出しを閉じる
f:id:traitam:20170104154448p:plain
3、カテゴリ一覧が表示されるので該当するカテゴリをCtrl+左クリック(今回は赤枠内)
f:id:traitam:20170104154529p:plain
選択されたものは薄くなる
GithubWikiから。

単語ゲージの溜まり具合の確認

Shift+Ctrl押しながらモデルを左クリック
f:id:traitam:20170104154621p:plain
リードミー.txtから

モデルの反転

Ctrl押しながらキャラを左に動かす。
モデルが左右反転される(絵師は死ぬ)
GithubWikiから

Gmailの新着確認

1、Apricot->ScriptsにあるGmail.py.tmpのtmp拡張子を外す
2、Twitterと同様にモデル右クリックからログインで連携すればOK(らしい。未検証)
GithubWikiから

モデルが画面外に行ったとき

Apricotフォルダ内にあるApricot.exe.configを開く。

<add key="Left" value="<数値>" />
<add key="Top" value="<数値>" />
<add key="Left" value="" />
<add key="Top" value="" /> 

上から下に変更する。
GithubWikiから

apricotモデル作成(その3)

前回
traitam.hatenablog.com

今回は、rssから情報を提供してくれる機能、トレンドキーワード提供機能、ランダムでモーションを再生する機能を追加します。
f:id:traitam:20170104142818g:plain

    <sequence name="Alert">
      <sequence name="samidare.Shake" />
      <message>新しい資料をお持ちしました!</message>
      <sequence name="samidare.Say" />
    </sequence>

これでrssから情報を持ってきます。
起動時、更新があった時に呼び出されます。
参照するrssの編集はApricotフォルダにある「Subscriptions.opml」を編集します。
編集方法はここでは割愛します。

    <sequence name="Trend">
      <sequence name="samidare.Say" />
      <message>皆様が話題にしてるキーワードです!</message>
      <sequence name="samidare.Say" />
    </sequence>

これでトレンドキーワードを引っ張ってきます。

    <sequence name="DoubleClick">
      <!--分岐モーション定義-->
      <sequence name="samidare.DoubleClick">
        <sequence name="samidare.Shake" />
        <message>お任せくださいね!</message>
        <sequence name="samidare.Say" />
      </sequence>
      <sequence name="samidare.DoubleClick">
        <sequence name="samidare.Shake" />
        <message>提督、一生懸命がんばります!</message>
        <sequence name="samidare.Say" />
      </sequence>
      <!--分岐モーション実行モーション-->
      <sequence name="samidare.Talk">
        <sequence name="samidare.DoubleClick" />
      </sequence>
      <!--モーション実行-->
      <sequence name="samidare.Talk" />
    </sequence>

最後にダブルクリック時、セリフをランダムで変わるようにします。

<sequence name="samidare.DoubleClick">

このモーションタグを複数作ります。ランダム発生させるために複数用意します。

<sequence name="samidare.Talk">

次にTalkモーションをその下に作ります。
この中に先ほど作ったsamidare.DoubleClickモーションを呼び出すようにします。

<sequence name="samidare.Talk" />

最後にDoubleClick直下にモーションが実行されるようにします。
この実行用のが無いとモーションが再生されません。

ランダムモーションを実装すると同じ動作で色んな事を喋ったり、動作したりできるのが楽しいですね。
f:id:traitam:20170104143713g:plain



それではみなさん、楽しい創作ライフを!

次回
traitam.hatenablog.com

apricotモデル作成(その2)

その2です。

前回
traitam.hatenablog.com

前回は最低限の機能を追加して終わりました。
今回は、出現時日時を喋る、まばたき、喋る動作、ダブルクリックをすると反応する機能を追加します。

まばたきは目を描いていない全体と、目のパーツが必要になってきます。
凝ったモーションを行おうとすればするほど、素材数が跳ね上がります。これは時間と相談しつつ、作っていきたいですね。
口は動かしてもいいのですが、今回は作りません。一気に素材の手間が増えてしまうので。
最終的な完成形はこんな形にします。

f:id:traitam:20170103195126g:plain

まずは素材を用意します(大変)
f:id:traitam:20170103195426p:plain
f:id:traitam:20170103195528p:plain

前回は1枚絵でしたが、分割しました。
目とそれ以外の画像座標はPhotoshopなどで見ます。

このとき、Neutralizeの記述を変更します。

    <sequence name="samidare.Neutralize">
      <motion fps="30" z-index="0">
        <image x="0" y="0" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
      </motion>
      <motion fps="30" z-index="1">
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye1.png</image>
      </motion>
    </sequence>

画像をベースと瞳の2枚使うので、それぞれ定義します。
z-indexはレイヤー階層です。数字が大きければ手前に来ます。

    <sequence name="samidare.Say">
      <motion fps="10" z-index="0" iterations="40">
        <image x="0" y="0" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
      </motion>
    </sequence>

喋るときはこのように記述します。ノーマライズの上体から瞳の変更は必要ないので体の記述だけ行います。(いらない?ノーマライズで事足る?)

    <sequence name="samidare.Blink">
      <motion fps="10" z-index="1" iterations="2">
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye1.png</image>
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye2.png</image>
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye3.png</image>
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye1.png</image>
      </motion>
    </sequence>

まばたきの場合はこのように記述します。
ノーマライズの体画像をそのまま使用するため、記述は瞳だけにしています。

iterations="2"

というのは、繰り返し回数です。
2と選択すると2回まばたきを行います。

    <sequence name="samidare.Shake">
      <motion fps ="10" z-index="0" iterations="3">
        <image x="0" y="-6" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
        <image x="0" y="-12" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
        <image x="0" y="-6" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
        <image x="0" y="0" width="175" height="250">Images\samidare-base.png</image>
      </motion>
      <motion fps="10" z-index="1" iterations="3">
        <image x="37" y="29" width="65" height="60">Images\samidare-eye3.png</image>
        <image x="37" y="23" width="65" height="60">Images\samidare-eye3.png</image>
        <image x="37" y="29" width="65" height="60">Images\samidare-eye3.png</image>
        <image x="37" y="35" width="65" height="60">Images\samidare-eye3.png</image>
      </motion>
    </sequence>

これはダブルクリックをしたときにピョンピョンするモーションです。
全体的に画像が移動するので、体と瞳の画像両方を記述しています。

ここまでがモーションの作成です。
モーション作成 → 動作タイミング
という順で作っていくのがいいのかな?

次に、動作タイミングに合わせたモーション定義を行ってきます。

      <sequence name="samidare.Neutralize" />

Idle部分のモーションをまばたきのモーションに変更しました。

      <sequence name="samidare.Neutralize" />
      <message>五月雨って言います<break/>護衛任務はお任せください</message>
      <sequence name="samidare.Blink" />

起動時のモーションで喋った後、まばたきするようにしました。

Stop部分は変更点なしです。

    <sequence name="Tick" state="00:00:00">
      <message>{M月d日}です</message>
      <sequence name="samidare.Say" />
    </sequence>

これが起動時に時間を言ってくれる動作記述です。
これを記述すれば日時をお知らせしてくれます。

    <sequence name="DoubleClick">
      <sequence name="samidare.Shake" />
      <message>お任せくださいね!</message>
      <sequence name="samidare.Say" />
    </sequence>

これがダブルクリック時、モーションを起動するシーケンスです。
シーケンスタグは"DoubleClick"です。

シーケンスタグによってその時に反応する動作を作れます。
詳しくはリファレンスをご覧ください。
github.com

これでモデルが少しレベルアップしました。
今回はこれで終了です。

それではみなさん、楽しい創作ライフを!

次回
traitam.hatenablog.com

apricotモデル作成(その1)

デスクトップマスコット、apricotのモデルを自作しましょうというものです。
進捗具合も兼ねての記事です。

Apricotとは何かという方は前回の記事をご一読ください
traitam.hatenablog.com

今回はとりあえず、1枚絵を表示、開始時、終了時に喋る処理を書いて終わりです。
こんな感じになります。f:id:traitam:20170102222909p:plain

最初に、素材を用意します(大変なところ)。透過処理済みの素材です。
素材は五月雨ちゃんです。サイズは175*250です。大きくし過ぎてもデスクトップマスコットだとデスクトップを占領してしまうので…。
モデルを動かすには.xml拡張子のファイルが必要です。これを何かしらのテキストエディタで作成します。場合によっては既存のモデルのデータをコピーして持ってくるのも手ですね。
内部の記述を全部消して、ファイル名を変えてもOKです。

次にフォルダの作成ですが、
[キャラ名]
-[Images]-[image.png]
-[キャラ名.xml]

という感じにします。
そしてこのフォルダを[Apricot]->[Character]フォルダに挿入します。

では、ちょっと大変ですが.xmlデータ内に書いていきましょう。
まずは、一覧を表示して、各種説明という形にしていきます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<script>
  <character name="さみだれちゃん" origin-x="45" origin-y="20" x="0" y="0" width="219" height="313">
    <sequence name="samidare.Neutralize">
      <motion fps="30" z-index="0">
        <image x="0" y="0" width="175" height="250">Images\samidare-base-all.png</image>
      </motion>
    </sequence>
    
    <sequence name="Idle">
      <sequence name="samidare.Neutralize" />
    </sequence>
    <sequence name="Start">
      <sequence name="samidare.Neutralize" />
      <message>五月雨って言います<break/>護衛任務はお任せください</message>
    </sequence>
    <sequence name="Stop">
      <sequence name="samidare.Neutralize" />
      <message>それでは、また</message>
    </sequence>
  </character>
</script>

これで、モデルが表示されたときに一言喋って、ソフトを終了したときに一言喋るようになります。

 <character name="さみだれちゃん" origin-x="45" origin-y="20" x="0" y="0" width="219" height="313">

これで、モデルの定義を行います。originは表示時の場所です。全体の左上が(0,0)になってます。
ちょっと空けておかないと画像が切れて表示されちゃうんですよね。あと飛び跳ねた処理を行った時に画像が切れちゃったり…。

<sequence name="samidare.Neutralize">
  <motion fps="30" z-index="0">
   <image x="0" y="0" width="175" height="250">Images\samidare-base-all.png</image>
  </motion>
</sequence>

これはモデルの基本状態を定義する処理です。
シーケンスで囲ってますね。
motionタグがあります。これでfpsや画像を複数使う時に前後関係を定義します。
画像のパスは.xmlがあるパスからの相対パスになっています。
motionタグで、そのキャラの動きを定義します。これを活用して、起動したときにどんな動きをさせるか決定できます。

<sequence name="Idle">
  <sequence name="samidare.Neutralize" />
</sequence>

これはアイドリング状態に何のモーションを再生するか、という記述です。
今回は基本状態のモーションしかないのでこのように基本状態のモーションを入れておきます。

<sequence name="Start">
 <sequence name="samidare.Neutralize" />
 <message>五月雨って言います<break/>護衛任務はお任せください</message>
</sequence>

Startネームタグ。
これはモデルが表示されたとき(モデル変更、ソフト起動)に呼ばれるタグです。
messageでモデルの上に吹き出しを作り、その中に言葉を入れて喋らせます。
breakで改行ができます。

Stopネームタグはソフトが終了したときに呼ばれるタグです。
やっていることはStartと同一なので説明を割愛します。

起動時はこんな感じになります。
f:id:traitam:20170102225720g:plain

メモQ&A
Q.origin-x,yの数値はどこから持ってくるの?
A.PhotoShopにある座標検出機能を用いてそこから持ってきます。

Q.PhotoShopが無い人は確認できない?
A.みたいです。仕方ないので、「記述->起動・確認->記述修正」を繰り返してください。
 あ、でもキャンパスからの座標を検出できるものがあれば大丈夫なのかも。


それではみなさん、楽しい創作ライフを!

次回
traitam.hatenablog.com

デスクトップマスコット-apricot-のススメ

 新年初の記事はデスクトップマスコットの紹介です。
名前は「apricot」。Kawatan様(@)が開発しているソフトウェアです。
f:id:traitam:20170102221429p:plain


KAWATAN.NET
からApricot for Windowsを押せばソフトがダウンロードできます。
f:id:traitam:20170102221359p:plain

ダウンロード後、解凍すればデスクトップマスコットが出現します。
クリップボードを覚えてくれたり、ネットの言葉を拾って喋り出したり、言葉を交わしたり、好感度を上げたり…。
デスクトップの賑やかしに如何ですか?

ちなみに、独自に言語を開発しており.xml形式でオリジナルのデスクトップマスコットが作成できます!
詳細は以下の場所から。
github.com

次回は、最低限の機能を持ったApricotのマスコットモデルを作ろうと思ってます。
それではみなさん、楽しい創作ライフを!






f:id:traitam:20170102221746p:plain

StreamingAssetPath宣言タイミングの問題

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class createfolder : MonoBehaviour {
    string streamingassetpath = Application.streamingAssetsPath;

	// Use this for initialization
	void Start () {
	
	}
	
	// Update is called once per frame
	void Update () {
	
	}
}

クラス定義のすぐ下にStreamingAssetPathを定義しようとしたら

get_streamingAssetsPath is not allowed to be called from a MonoBehaviour constructor (or instance field initializer), call it in Awake or Start instead. Called from MonoBehaviour 'createfolder' on game object 'GameObject'.
See "Script Serialization" page in the Unity Manual for further details.
UnityEngine.Application:get_streamingAssetsPath()
createfolder:.ctor()
UnityEditorInternal.InternalEditorUtility:HierarchyWindowDrag(HierarchyProperty, Boolean, HierarchyDropMode)
UnityEditor.DockArea:OnGUI()

というエラーを吐く。

Awake()かStart()内で記述しろというものなので以下のように修正する

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class createfolder : MonoBehaviour {
    string streamingassetpath = "";

	// Use this for initialization
    void Start()
    {
        streamingassetpath = Application.streamingAssetsPath;
    }
	
	// Update is called once per frame
	void Update () {
	
	}
}

このように空のStringを宣言しておいて、Start()内で代入すればエラーが起きない。

ちなみに、「Application.persistentDataPath」の宣言でも同じ問題が起きるので、同じように対処すればOK

UnlimitedHand所感

大学の研究室にUnlimitedHandがあったのでUnityサンプルを触ってみた感想やその他感想です。

UnlimitedHandとは

f:id:traitam:20161115110903j:plain

腕に装着し、電気刺激によってVR内のモノを触れられるデバイスです。
キックスターターから端を発し、現在では一般販売もされています。

ただ触れられるといわれていますが、実際は衝撃や重さなどのシンプルなものに対応しています。
「VR上の女の子の触る感触が欲しい!」と思って使っても、思うような結果は得られないと思います。

使ってみた感想

私はUnityのサンプルを通してのみ使いました。
今回はそれのみの感想となります。

結果から言うと、発想の面白さはあるのですが発展途上感が否めなかったです。(私の活用技術が低いせいもあるかも)
鋭い刺激が多く、柔らかな刺激を発生させることが難しいのではないかというのが第一印象でした。
ただ、もともと触覚による認知は複雑なので、今後の発展がいくらでも期待できるのは確かです。

装着の仕方が悪いのかわかりませんが、上手く刺激が伝わらないもしくは弱い場合がありました。

また、電気刺激を伝えるのがジェルパッドだったので交換が必要で、展示などで使用する場合、衛生面も気になるところです。

あと何より、装着が難しいという点があります。
止めるためのマジックテープがあるのですが、片手では扱いにくく、きつく止めようとしてもマジックテープがくっついてしまう、などのもどかしさがありました。
誰かに装着してもらうのが無難だと思います。

最後に

サンプルを触っただけなので浅い所でしか話せないですが、以上が所感となります。
これより先はリファレンスを見ながら自分で開発していかないと良さがわからないような気がします。
ただそれをするにはいささか時間がかかってしまうのと、何より研究室の借り物なのであまり1人で長時間借りれることもできないという点があるので難しいかなぁ…と。

と、まぁ、UnilmitedHandの情報が少なかったので記事にしたまでですが、少しでも役立てばいいなと思っていたり。

それでは皆様、よき創作ライフを!

広告を非表示にする