読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレージ暮らしのトライタム

プログラムやツールの解説や技術を公開する場所

唇をブレンドで切り替えつつ表示する

f:id:traitam:20160602110805p:plain

Live2Dコンテンツを作成した時に、小さい口からだと大きな口に広げると極端にカクカクしたり、開けられなかったり色々問題が出るので、「口が閉じてる時だけ小さい口を使用、開けるときは大きな口を使用する」という方法を思いついてやってみました。
結果から言うと微妙でした(制作能力の問題?)。特にFaceRigで使ってみると波紋のようなものが出て目立ってしまいました。(FaceRig以外ではいいのかもしれない)


--
方法

f:id:traitam:20160602110824p:plain
0.00の時は小さな口を使用し、0.01で透明度を活用し大きな口のモデルを使用します。
このときブレンドで違和感が出ないように0.01時点では小さい口に合わせるようにポリゴンを集めて小さい口の形に近づけます。
(小さい口:透明度100%→0%)(大きい口:透明度0%→100%)

f:id:traitam:20160602110836p:plain

その後大きさを調整しながら大きな口を開けられるようにします。
f:id:traitam:20160602110847p:plain

この方法だと口を2種類描く、ポリゴンを弄る必要があり少々手間ですが、より思った通りのモデルを作りたい場合の助けになるかもしれません。

目パチの際に閉じ目を別途用いて綺麗に見せる方法もあるので、口でも出来そうと思い、実験した次第です。覚え書きも兼ねて実験とその結果報告でした。