読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレージ暮らしのトライタム

プログラムやツールの解説や技術を公開する場所

Live2Dにおける口の位置の思考

FaceRig Live2D

 アニメ的表現でよく口が鼻と顎を線で結んだ線上に無い場合が多い。
Live2Dでも、そのような点を注意するといい表現になるのではないか?というアプローチ。

f:id:traitam:20160602111019p:plain
画像1: アニメでの正面、斜め向き

Live2d__f:id:traitam:20160602111048p:plain
画像2: Live2Dでの正面、斜め向き

Live2Dのモデリング技術が杜撰なので細かいところはご容赦。

f:id:traitam:20160602111059p:plain
f:id:traitam:20160602111114p:plain
画像3: ラインを追加した各画像

これを意識すればよりアニメ的表現に近づいたモデリングができるのかも。

どうしても斜め向きの時、直線上に口を置くと3DCG寄り表現になってしまいそう。もちろん、3DCG寄りの方向で作りたい場合はそっちの方がいいと考えられる。状況に応じて。